初投稿から2週間10記事でgoogle AdSenseの審査に通過するまでにやった5つのこと

スポンサーリンク
Wordpress
スポンサーリンク

先日、Google AdSenseの審査を無事通過することができました。Google AdSenseの審査について調べてみると、「最近厳しくなった」「最低20記事は必要」「2000字以上書かないとダメ」といったアドバイスが多かったので、ドキドキしていましたが通過できてほっとしています。

スポンサーリンク

申請時のブログの状況

私が申し込みをした時点では、

  1. 初投稿から2週間(1か月半前にブログを開設しましたが放置していました。。。)
  2. 10記事投稿済み
  3. 1記事当たりの文字数平均1460字

という状態でした。

ブログの内容としては、主にプログラミング関係(python、機械学習、アプリ開発、Linuxなど)です。そのため、1記事当たりの文字数が1460字となっていますが、ほとんどプログラムで、文章を多く書いているわけではありません。2000字以上書いている記事もあれば、500字程度の記事もあるという感じでした。

「PV数がある程度無いと承認されないのか」と思われる方もいるかもしれませんが、私の場合、ほどんど私以外のユーザーからのPVはありませんでした。。。そのため、たとえPV数が1ケタでも0でも審査にあまり関係ないのでは?と個人的には思います。

Google AdSense に申し込むまでにやったこと

結論から言うと、Google AdSense以下の5つのことを行いました。

  1. 独自ドメインの取得(必須!!)
  2. 10記事投稿
  3. プライバシーポリシーの作成(必須!!)
  4. コンタクトページの作成
  5. プロフィールページの作成

独自ドメインの取得

独自ドメインが無いと、Google AdSenseの広告を張ることはできません。そのため、はてなブログの無料プランなどで独自ドメインが持てない場合は、有料プランに変更するか、Wordpressなどでブログを開設する必要があります。

私は、お名前ドットコムでドメインを取得し、ロリポップサーバーを使っています。

10記事投稿

Google AdSenseについて調べてみると、投稿している記事に一貫性がある方が望ましいということでした。私は、プログラミング関係の記事を中心に投稿していたので、その点ではよかったのかもしれません。

10記事投稿しましたが、内容もデザインもまだまだです。デザインに関しては、CoCoonのデフォルトの設定から何も変更していません。

プライバシーポリシーの作成

Google AdSenseに申し込む前には、プライバシーポリシーの作成が最近では必須事項となっているようです。自分で考えるのが大変だという場合は、ネットからのコピペでも大丈夫だと思います。私も、ほぼコピペで作成しています。

WordPressの場合はある程度プライバシーポリシーのページは作成されていると思うので、必要な項目を自分で追加してください。私は、「Googleアナリティクスに関して」、「広告の配信に関して」、「免責事項」の項目を追加しました。

コンタクトページの作成

コンタクトページを固定ページに追加します。Contact Form 7というプラグインを使って設定するととても簡単に作れるのでおすすめです。

プロフィールページの作成

プロフィールページを作成して固定ページに追加します。サイドバーにも追加している方が多いですが私はしていません。また、写真やイラストも使っていません。プロフィールページが承認の基準になっているかは定かではありませんが、心配な方は追加しておくと良いと思います。私も、投稿している記事の概要を3行程度でまとめただけでした。プロフィールを公開したくない方は、審査に通った後に削除しても大丈夫だと思います。

審査に通ったら

もし、審査に通った場合は1日かからないぐらいで下のようなメールが届きます。

注意すること

Google AdSenseは審査に落ちてから2週間は再審査を受けることができません。この間に申請しても落ちてしまうので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました