【Python】リスト(二次元配列)の列数を取得する

スポンサーリンク
python
スポンサーリンク

二次元配列のサイズの取得方法についてまとめました。行数を求める場合には、len()を使って求めることが一般的だと思いますが、列数を求める方法はあまり見当たらなかったので、簡単な方法を解説します。

今回はNumpyが使える場合、使えない場合それぞれについて書いています。

スポンサーリンク

Numpyを使わない方法

次のような3×3の二次元配列の場合、最初の要素の長さを取得すれば、列数と等しくなります。

行ごとに列数が異なる場合は以下のように求めます。

要素がlist型の時と、int型の時で場合分けしています。

Numpyを使う方法

numpyを使うとより簡単です。numpy.shape()で、リストの行数と列数を取得できます。

タイトルとURLをコピーしました