【Django】Python, AtomでWebアプリ開発を始める

Django

今回は、Djangoを使ったwebアプリ開発の始め方を解説します。

Djangoを使う場合、PyCharmのProjessional版でコードを書くと便利ですが、無料期間30日間を過ぎると課金されてしまいます。そこで、今回はAtomを使った始め方をご紹介します。

ここから先は、Pythonがインストールされていることを前提で書きます。

Virtualenv

まず、Virtualenvをインストールします。

envという名前で仮想環境を作ります。

activateします。

Djangoのインストール

Djangoをインストールします。今回はversion 2.0.1をインストールしました。

プロジェクトの作成

DjangoProjectという名前のプロジェクトを作成します。

DjangoProjectに移動し、コマンドラインでサーバーを起動させます。

http://127.0.0.1/8000/にアクセスして、以下の画面が表示されたら成功です。

アプリの作成

アプリケーションの作成は下のコマンドでできます。ここでは、DjangoAppという名前にしています。

Atom起動して、File > Open Folderから作成したプロジェクトを開き、編集できます。

編集が終わったら、サーバーを起動して、出力を確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました