【Django】ボタンを押して画面遷移する方法

Django

最近Djangoでwebアプリを作る機会があったので、Djangoの基本的なところをまとめていきたいと思います。

今回は、Djangoの画面遷移の仕方を解説します。

作りたいもの

ここでは、簡単な画面遷移アプリを作りたいと思います。

Page1のNEXTボタンを押すとPage2に移動し、Page2のBACKボタンを押すとPage1に戻るようにします。

準備

プロジェクトの作成

プロジェクトを作成したいディレクトリに移動し、プロジェクトを作成します。ここではmovepagesという名前で作成しています。

アプリケーションの作成

先ほど作成したプロジェク( movepages )のディレクトリに移動し、アプリケーションを作成します。 movepageappという名前で作成しました。

movepages /urls.py

movepages (プロジェクト名)/urls.pyを以下のように編集しておきます。

movepages /settings.py

INSTALLED_APPSのリストに、自分が作成したアプリ名を追加します。

html

movepageapp(アプリ名)の直下にtemplates > movepageapp> page1.html, page2.htmlとなるように、それぞれのページに対応するhtmlファイルを用意します。

page1.html

formのactionのところに遷移先のページを指定します。書き方は、

action=”{% url ‘htmlファイルがあるディレクトリ:urls.pyのname‘ %}”

のようにします。

urls.pyのnameに関しては後で解説します。

page2.html

page2.htmlも同様です。

movepageapp/views.py

続いて、views.pyを編集します。それぞれのhtmlファイルに対応するviewを関数で定義します。

movepageapp/urls.py

最後に、movepageappの直下にurls.pyを作成し、page1とpage2のURLを定義します。

ここで、指定したnameが、htmlのactionで使われます。

表示

以下のコマンドを実行し、http://127.0.0.1:8000/page1/にアクセスしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました