Jupyter Notebookの言語にRを追加する方法

ubuntu

Jupyter NotebookでRを使う方法です。作業環境はubuntu16.04です。

Rのインストール

まず、Ubuntuのコードネームを確認します。Ubuntu16.04の場合はxenialでした。

次に、/etc/apt/sources.listの末尾に、ダウンロード元のミラーサイトを指定します。

コードネームがxenialの場合は以下のように書きます。

以下のコマンドで、ダウンロード元の公開鍵を登録します。

Rをインストールします。

Jupyter NotebookにRを追加

Rのコンソールを立ち上げます。

以下のコマンドを入力して、Rに必要なパッケージとIRカーネルを入れます。

Jupyter Notebookを起動します。

Rが選択できるようになりました!

補足

以下のコマンドを紹介している記事が多かったのですが、私の場合は、二番目のコマンドを実行した際にエラーが出てしまいました。

GitHubからのIRkernelのインストールに失敗しているようです。

IRkernelの公式サイトを参考に、 二番目のコマンドを以下のように変えることでできました。

タイトルとURLをコピーしました