ディープラーニング

python

kaggleを始めよう!データ取得から提出まで

mnistのDigit Recognizerを例に、データのダウンロードから提出までをまとめています。kaggleを始めたい人の参考になれば幸いです。
python

【Tkinter】自作の機械学習モデルをGUI化する

Tkinterを使って、自作の機会学習モデルをGUI化する方法を解説しています。ここでは、scikit learnのiris分類モデルを例につくり方を説明しています。
ディープラーニング

ディープラーニングで人物画像の背景を好きな画像に変える

人物画像の背景を好きな画像に入れ替える方法を解説します。人物と背景をセグメンテーションし、得られた出力結果を用いて画像処理をしていきます。今回は人物画像を対象にしていますが、セグメンテーションのモデルを変えることでバリエーションが増えそうです。
python

【Keras】load_modelで自作の関数を読み込む

Kerasのload_modelで自作関数が読み込めず、エラーが出た場合の対処法です。load_modelの引数のcustom_objectsに読み込みたい関数を指定することで、自作関数ごとloadできます。
python

【機械学習】yamlファイルにパラメータを保存してpythonで読み込む

yamlファイルに変数を定義して、pythonで読み込む方法です。機械学習でパラメータを決める時などに、整理のために使ってみてください。
python

【Keras】flow_from_directoryで画像が読み込めないときの対処法

Kerasのflow_from_directoryでFound 0 images belonging to 0 classes.と表示され、画像がうまく読み込めなかった場合の対処法です。ディレクトリの配置とパスの通し方に少しコツがあるので解説します。
python

【Keras】ImageDataGeneratorクラスを継承して前処理の種類を追加する方法

KerasのImageDataGeneratorに画像処理を追加する方法です。ImageDataGeneratorを継承することで、ノイズやぼかしなど任意のAugmentationを加えることができます。
coursera

【Coursera機械学習】week6の課題のまとめと勉強したことのメモ

Coursera Mahine learning week6の課題に関するまとめです。線形回帰や多項式回帰について書いています
android studio

Kerasで作成したDeep Learningモデルをtfliteファイルで保存する方法

Kerasで作成したh5fファイルをtfliteファイルに変換する方法です。TensorFlow2.0および、TensorFlow1.1のバージョンに対応しています。
android studio

【Android Studio】自作のディープラーニングモデルを組み込んで物体認識をする一番簡単な方法

自分で作ったのモデルで物体認識をするアンドロイドアプリの作り方です。TensorFlow Liteのコードを改良すると簡単に作ることができます。